選ぶならどっち?ーSE編ー

派遣と独立で異なる将来性

SEが働く方法として、自分の興味関心を満たしながら自由に仕事ができる点で優れているのが派遣と独立です。どちらを選んだとしても仕事は自分で選ぶことも探すことも可能であり、専門のエージェントから仕事の依頼や仲介を行ってもらうこともできます。その点では大差がないと考えられてしまう場合もありますが、将来性については両者で大きな違いが生まれるでしょう。

派遣社員ではあくまでSEとしての業務に携わるだけであり、経験できるのはエンジニアとしてのものに限られてしまいます。

しかし、独立した場合には経営者の立場になって、エンジニアとしての業務以外にも意識を持たなければなりません。自分にとって都合の良い形で契約を結べるようにするために、ビジネスの感覚が必要になります。自分を商品として売りに出す視点や、これから大成すると期待される分野の分析が重要になるため、マーケティングの知識も実践的に身につけられるでしょう。自分で確定申告を行う必要があるため税制に関する知識が身につき、ファイナンスに関する意識も高まります。これらは経営を行う管理職となるための素養になるため、将来的に管理職に抜擢されて働けるようになる可能性が高くなるのが独立する方法です。現場でシステム開発などに関わり続けたい場合にはどちらの道も選べますが、管理職になりたいという希望を持っているなら独立して働くことで下地を作ることができるでしょう。

そのほか、独立することのメリットや独立後の仕事のはじめ方は、【派遣から抜け出してフリーエンジニアへ】というサイトで紹介されています。