選ぶならどっち?ーSE編ー

適正の観点から選ぶ

SEとしての能力を生かして自由に仕事を選んで働いていきたいと考えたら、派遣か独立かの二つの道が選べます。どちらも仕事を獲得後、契約に従って働くことになる点では同じです。どちらを選ぶかで迷うSEも多いですが、適性の観点から見てみると決断をしやすいかもしれません。

派遣と独立の違いとして、立場が大きく異なる点を理解しておくと良いでしょう。派遣の場合にはあくまで派遣会社の社員として現場に向かうことになりますが、独立した場合には自分が行う事業の一つとして働くことになります。単独で仕事探しから企業との契約の交渉、仕事の遂行からその際に必要になった経費の管理まで行わなければならないのが独立という道です。全て自分で管理したいという気持ちがあるなら、適した選択になります。派遣の場合には定められた期間だけ派遣先で仕事をすれば給料が支給されるという仕組みであり、職場がよく変わるだけで基本的には労働者の立場です。職場を変えるかどうかも独立した場合には検討する必要があり、同じ職場で働くことを望むのであれば自分で交渉することもできます。

自分で働く道を作り上げていき、管理下に全てを置くというのを望むSEには独立が適していますが、それを負担に感じるなら派遣で労働者としての立場を確立した方が良いでしょう。

仕事に対する意識の持ち方や時間の使い方の違いの好みに応じ、どちらにするかを決断すると失敗が少なくなります。